社長のぼやき

季節ですねぇ。突然の来客をパシャリ。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

6月よりイエシロアリ駆除のご依頼、ご自宅の点検をいただき日々忙しくさせていただいております。

 

7月2日の施工時に突然の来客。

トラックに工具を取りに戻ったときです。

トラックに積んである脚立に一匹のバッタが。

 

 

梅雨の合間の晴れた日に元気に活動中です。

季節は夏に向かっていますね。

世間は色々と大変な中ですが、日々変わらず過ごせるわずかな喜びにも感謝できるようありたいものです。

 

西日本防虫防除工事、7月もエンジン全開で頑張ります!!

 

白蟻一筋39年

西日本防虫防除工事

 

☎0835-23-8726

改めて弊社のご紹介。最近のお取引き事例。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

この時期昼夜問わず弊社にお問い合わせいただいております。

理由は羽蟻の発生で大切なご自宅への被害をご心配される方がたくさんいらっしゃるからです。

 

白蟻工事が忙しくなるこの時期に改めて西日本防虫防除工事のご紹介を簡単に。

弊社は白蟻専門業を開業し今年で39年になります。

今では二代目に後継し、30年以上お付き合いいただいているお客様もいらっしゃいます。

弊社の特徴としては、完全家族経営です。

営業マンを雇わず、施工に外部の方を入れず、代表者を筆頭に少数で経営しております。

経営の拡大をせず、地元密着で白蟻専門に徹して細々と経営を続けております。

このホームページをご覧になると、さぞ大きな会社なのかな、名前に「西日本」ってついているし。

と、いろいろご想像されるかもしれませんが、種を明かすと一つの家族が白蟻工事を二代に渡り請け負っている小さな会社です。

 

さきにこの業務形態でのデメリットを申し上げます。

たくさんの工事を同時に請け負えないというところが一番かと思います。

 

では逆にメリットは何か。

営業、検査、お見積り、施工完了まで、一人の白蟻防除士が行います。

検査した者が適正な工事金額を見極め、判断したとおりに適正に工事を行うという流れが実現できます。

話の行き違いが生じないという意味では、工事代金のご精算まで筋が通りご安心かと思います。

 

 

こんな会社ですが、小さいながら父の代から真面目を貫いて地元で事業を続けさせていただいております。

よろしければ白蟻のご心配を弊社にお寄せいただければ幸いです。

 

 

ここ最近のお取引き、お問い合わせの事例をご紹介。

①飛び込みの業者さまが検査、お見積り。診断が合っているか第三者的な目で確認を。

防府市内にてある業者様が営業されたお宅からお問い合わせです。

営業された業者さまが検査した結果白蟻被害が見つかったとの事。見積金額が高額。

ご年配のご家族様が生活している家で、市外のご家族様が心配され弊社に改めて検査のご依頼。

検査結果を市外のご家族様にもご報告し、見積もりの内容もご提示し弊社にて施工をご決定いただきました。

結果を簡潔に言えば先に営業された業者さまの見解は正しいのですが、最終的に工事にかかる費用の考え方に差が出てしまいました。

このようなお問い合わせも対応させていただきます。

 

 

②羽蟻が家の中で見つかった。被害はないか検査をしてほしいとのご依頼。

この時期一番多いのが家の中で羽蟻が見つかったとのご連絡。

数は少ないが大切な家なので状態を検査してほしいとのご依頼です。

検査をした一部のお宅では、現状被害はないのですが時期的に外から入り込んだ白蟻の羽蟻が見つかったというケースもたくさんあります。

こういうケースの場合、予防をしていれば全く問題ないのですが、予防をしていないお宅では最悪の場合羽蟻が巣作りをしてしまい被害に転じますので処置が必要な場合があります。

家の中から羽蟻が飛び出した事で、ご自宅に被害がある事がわかったケースもあります。

この場合早急に駆除し、再発を防ぐ為の予防工事も同時に施す事が必要です。

この度の羽蟻発生にて駆除工事に繋がったお住まいもあります。

我が家は大丈夫かなと思われたら、一度ご相談くださいませ。

 

お問い合わせのケースはこれらに限りません。

大切なお住まいをお守りする為に何をするべきか、専門業者の見解が皆様のお役に立てると幸いです。

 

山口県内の白蟻に対するご心配やご相談は、白蟻一筋39年の西日本防虫防除工事にお任せください。

☎0835-23-8726

 

イエシロアリの羽蟻が飛ぶ時はこんな現象も。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

この度取引先のご縁で防府市内のあるお宅に床下換気扇工事に入らせていただきました。

6月初旬のこの時期、山口県内のいたるところにイエシロアリの羽蟻が発生しております。

換気扇工事で床下に潜って施工しているところ

イエシロアリの羽蟻が床下に潜り込んでいるところに出くわしました。

 

 

この記事をご覧の皆様のお宅でも、知らず知らずのうちに白蟻が潜り込んでいるかもしれないです。

幸いこちらのお宅は白蟻工事の保証期間中ですので被害には繋がらない状態です。

しかし白蟻予防をされていないお宅に同じ現象が起こると白蟻の被害に繋がる可能性がとても高いです。

大切なご自宅を今のかたちで維持するために、予期せぬ白蟻被害からご自宅を守るために。

白蟻工事をご検討いただければ幸いです。

 

お住まいが白蟻被害に合っていないかご心配な方は是非とも

山口県内対応、白蟻一筋39年の西日本防虫防除工事にお問い合わせくださいませ。

☎0835-23-8726

山口県内でもイエシロアリの羽蟻が出てますね。赤茶色の羽蟻が出たら白蟻被害のサイン。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

昨日も弊社がある近所の防府市自由ヶ丘内にてイエシロアリの羽蟻が発生致しました。

外にある倉庫内が被害を受けており、柱の一番上を通り越して更に上まで被害が進んでおりました。

 

羽蟻が出た倉庫内の状況

倉庫の土台が特にひどいですね

形を留めていないほどです

 

さて問題は家屋内はどうかです。

1m横にはご自宅があります。

検査をしてみたところ家屋内にも被害が拡がっている事がわかりました。

 

羽蟻の発生は被害のサインなんです。

 

家屋被害の様子

床下収納から点検です

見えている土の塊はトイレの水道管に巻き付いているイエシロアリの蟻道です

トイレ周りの蟻道

床の断熱材に見える茶色の模様は白蟻の道です

 

 

蟻道内をちょいと暴いてみますと、中からイエシロアリの兵隊が姿を現しました。

写真は拡大できます。

活動中の道が破壊されたことで様子を見に来たのでしょう。

蟻道内に白蟻の動きがあるという事は、家屋内をイエシロアリが行ったり来たりしているという事です。

駆除の時には、この往来を逆手に取り全てを完全に駆除します。

 

床下の土壌から木部に蟻道ができています

床下防湿シートを少しはがして確認

 

防湿シート下にできていた白蟻の活動の道。

見ていたらたくさんの白蟻が行ったり来たりしていました。

写真は顔をのぞかせているイエシロアリの兵蟻です。

兵隊はさすが、何かあったらすぐに危険を察知して駆けつけてきます。

アリの世界では役割分担がしっかりできています。

 

住宅に被害を及ぼしているのはイエシロアリとわかりました。

ではこのイエシロアリはどういう白蟻か。

 

ざっくり解説

白蟻に必要なのは

床下は湿気など水分が豊富。

高いところほど水分がないのですがここがイエシロアリの怖いところ

イエシロアリ水を運ぶ力がありますので、どんなに高いところにでも活動範囲を広げる事ができます。

イエシロアリ被害が天井裏にまで及んでいる理由はこれです。

今回も目視できる範囲で階段上の二階部分まで被害が達していました。

 

問題は階段を上がりきったこの部分。

隙間に蟻道があります

白いクロスの表側に茶色い食害の形跡がでています

 

現在こちらのお住まいにはイエシロアリ駆除工事のご提案をさせていただいております。

家屋を極力傷つけることなく、安全に確実に駆除ができるようしっかりと技術や経験を活かして臨ませていただきたいです。

家屋内から羽蟻が大量発生したお客様のお話をお聞きすると、相当なストレスだとお察しします。

今回を機にしっかり駆除ができますよう、是非とも前向きにご検討いただきたいものです。

 

この時期羽蟻が出た場合それは白蟻の被害、イエシロアリの羽蟻である可能性大です。

夜間でも構いませんのでご心配を抱えずすぐにでも弊社にお問い合わせください。

状況をお聞きし、調査の段取りを決定し、必要な処置の判断をさせていただきたく存じます。

 

イエシロアリ被害のご心配は、白蟻一筋39年の西日本防虫防除工事にお任せください。

☎0835-23-8726

山口県防府市内にイエシロアリの羽蟻がでました。こんな羽蟻みたら被害が無いか確認を。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

例年この時期になるとよく言われるアレ

夜明かりの周りに集まる大量の羽蟻。

そう、イエシロアリの羽蟻が出ました。

 

 

 

弊社としては今年最初の事例で、防府市内の某所です。

ちなみに北九州の同業者にも確認したところ、北九州でもお問い合わせがあったという事です。

 

 

イエシロアリの羽蟻

飛び立った翌日、死んでしまった羽蟻

飛び立ったものの、物の隙間で残念ながら死んでしまった羽蟻

蟻道から飛び立とうと思ったが、飛び立つ前に挟まって力尽きた羽蟻

ブレーカーの蓋に挟まって宙づりになった羽蟻

 

部屋の隅に散らばる羽の残骸

部屋の中で見つかった羽蟻の死骸

 

 

このイエシロアリの羽蟻が出たこちらの現場は被害があります。

後日本格的な工事をさせていただきます。

家の中からこういった現象が確認できましたら、それは大切なお住まいにイエシロアリがいるという事を意味します。

数匹程度なら外から入り込んだ可能性も考えられますが、

その可能性をはっきりさせる為にもまずはお問い合わせをお願い致します。

 

イエシロアリの被害がある家ってどうなっているか。

この羽蟻が出るという事は、被害が始まって既に数年経過している事を意味します。

その数年経過した状態とは。

イエシロアリ被害の実態はこんな感じです。

玄関の框の中がスカスカに(框って結構高価・・・。)

畳、座板がボロボロ

床板の下に大きな巣が

天井裏の梁の中がスカスカになっています

 

イエシロアリの怖いところは、気が付かないうちに入り込んでいて、思いもよらないところにまで被害が進んでいる事です。

これはイエシロアリの一つの家族がとても多いという事と、生活に必要な水分を自分たちで運ぶ力を持つ習性によるものです。

イエシロアリの被害範囲はある意味無限大です。

つまり大切な家屋が食い尽くされるまで彼らは活動をやめない力を持ちます。

これを市販の薬剤でご自分で駆除しようと思うと、真逆の結果、すなわち被害拡大につながります。

イエシロアリの駆除はイエシロアリの習性を熟知した専門業者が、習性を逆に利用してそれにふさわしい薬剤と工法を用いてできるものです。

白蟻業者ではない方に施工を委ねて解決しなかった事例がたくさんあります。

最大15年程毎年悩み続けて困り果てたお客様もいらっしゃいます。

 

白蟻工事は特殊工事です。(経営者の念い)

一般的な感覚で見通せるものではありません。

白蟻のご心配は白蟻専門業者にお問い合わせください。

その中で貴重なお客様のお金を払ってもいい業者を選別していただく事に尽きます。

弊社はお客様のお役に立ち、いただいたお金が無駄にならないところまで意識した経営を志しております。

弊社にはマニュアルがありませんので、一軒一軒どうすればよいかをその場で真剣に考えます。

その考えから真剣に導き出した工法にかかるお見積りをご提出致します。

他社との競合や、他よりも安いので選んでくださいというやり方は正直しておりません。

この道で見えた正しさがあります。

真正面からお客様に関わり、後の責任まで負う覚悟で仕事をさせてください。

 

羽蟻の大量発生、こちらにお問い合わせをどうぞ。

赤茶色の羽蟻大量発生の問題解決は、山口県防府市の西日本防虫防除工事にお任せください。

☎0835-23-8726

イエシロアリの兆候か・・・。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつも弊社ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

今年の白蟻事情をざっくりと。

 

5月の連休中にヤマトシロアリの羽蟻が大量発生。

その結果、家の中にヤマトシロアリ被害があるお宅が判明しました。

お客様よりお問い合わせいただき、無事駆除が完了できた現場もございます。

真っ黒な体に黄色い首元ヤマトシロアリです。

 

次は梅雨前後にイエシロアリの羽蟻大量発生。

例年梅雨時期の夜に灯りにやたら群がる羽蟻を見たというお話をお聞きします。

赤茶色の羽蟻イエシロアリです。

 

ヤマトシロアリの羽蟻発生は落ち着いたのかなと思います。

もし今回の群飛で駆除工事が完了していなければ来年の同じ時期に再び同じように羽蟻が出ると思います。

 

さて、イエシロアリです。

例年6月から7月頃に羽蟻が出て大騒ぎするのですが、今現在弊社が施工に入らせていただいている現場にてこのような状況がありました。

被害部の処理中です

蟻道の外に働きアリが出ていました

見えにくいですが、兵隊アリがちょこちょこ顔をのぞかせていました

 

施工をしていて近くに羽蟻の姿を確認しました。

 

 

 

羽蟻の羽が落ちているものに見えます。

5月28日の山口県防府市内です。

この白蟻の姿を見た時、「今年はもうそろそろ羽蟻がでるかもしれない」という考えが浮かびました。

既に白蟻側は準備ができているのかもしれません。

蒸し蒸しする日の夕方から夜は、イエシロアリの羽蟻が出てくるかもしれませんので注意をしておくと良いと思います。

もし見たら、その場で弊社にご連絡くださいませ。

状況から推察できるアドバイスをさせていただきます。

白蟻は思いもよらない形で生活に影響を及ぼします。

こちらのページをご覧の皆様にとって、お役に立つ情報でありますよう切に願うばかりです。

 

山口県内にて赤茶色の羽蟻が大量発生する時期に差し掛かりそうです。

白蟻駆除、安心できる生活へのご提案は、白蟻一筋39年の西日本防虫防除工事にお任せください。

☎0835-23-8726

山陽小野田市、山口市、防府市など。山口県内各地にヤマトシロアリの羽蟻が出ています。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

5月3日の雨以降、山口県内にヤマトシロアリの羽蟻が発生しています。

この時期の白蟻事情はというと・・・。

例年4月末から5月中にかけてヤマトシロアリの羽蟻が巣立ちします。

住宅に被害があると住宅から羽蟻が飛び立つという現象があるという事です。

時間としては昼過ぎが多いですね。

 

5月4日の防府市某所。

まさにヤマトシロアリが飛びだっている様子がこちら。

 

真っ黒で首回りが黄色ヤマトシロアリの羽蟻が大量に出てきています。

家の中で羽蟻の死骸や羽が散らばっている様子を目にした場合、家に被害があるケースがあります。

 

弊社が5月に入ってからお問い合わせをいただいた場所として

山陽小野田市須恵、山口市黒川、防府市大崎、防府市古祖原、山口市徳地などがあります。

いずれもヤマトシロアリの羽蟻を見たというものです。

 

検査の結果、住宅の被害が発覚したところもあれば、外から入り込んだだけというものもあります。

こればかりはきちんと検査してみないとわからないので、まずは専門業者にお問い合わせください。

 

羽蟻が出ているお宅の床下を調べてみると、以前から被害があったことがわかります。

床下土壌から伸びる蟻道

床断熱材内の蟻道

水回り被害の特徴で、腐食しているところもあります

 

実際に羽蟻が発生すると、家の中に羽が散らばっている事があります。

 

和室の畳の上に散らばっているヤマトシロアリの羽蟻の羽です。

写真は一部を拡大しているのでわかりづらいですが、もっと広範囲に散らばっています。

こちらのお宅は築30年程山陽小野田市の住宅です。

この羽蟻の発生をきっかけに住宅の被害に気が付きました。

床下には広範囲に白蟻の蟻道が確認されました。

 

ちょうどこの時期はヤマトシロアリの羽蟻が昼頃に出ます。

家の中にこんな羽の残骸や死骸を見付けたら、もしかして!?と疑ってみて、ぜひ白蟻専門業者へご連絡ください。

皆様の不安を少しでもやわらげる事ができますよう、ご相談に応じさせていただきたく存じます。

 

山口県内の白蟻被害のご相談や、検査のご依頼は

白蟻一筋39年の西日本防虫防除工事にお任せください

☎0835-23-8726

山口県内にヤマトシロアリの羽蟻発生。加害ヵ所から羽蟻が飛び立つ様子。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

現在ゴールデンウイーク中ですが、全国の緊急事態宣言中という事で例年通りとはいかない過ごし方をされていると思います。

白蟻業者として毎年思うこと。

ゴールデンウイーク前後にヤマトシロアリの羽蟻が発生する時期だな。

 

 

本日防府市内某所にてヤマトシロアリ被害があるお宅から大量の羽蟻が発生致しました。

お客様より点検をご依頼いただき、まさに訪問中に目の前で羽蟻が出たのです。

時間は14:50分頃でした。

 

 

外から見える被害部です(拡大できます)

近付いてみると

 

 

大量の羽蟻が被害部から発生しています。

 

 

軒先にもびっちりと

これがヤマトシロアリです

 

羽蟻が出てきている様子の動画

 

 

いったい今までどこにいたの!!?というくらいたくさんの羽蟻がどんどん出てきます。

 

 

弊社としてはそろそろ出るかなという確信がありました。

というのも、通年白蟻の羽蟻は

前日雨が降って明くる日晴れて蒸し蒸しした日に出ます。

時間としては正午前後が多いです。

昨日かなりの雨が降りましたね。

本日の午後は気温がぐっとあがり晴れていましたので、出ても不思議ではなかったという事です。

 

 

ちなみにこの被害部から羽蟻がどんどん出てくる現象は、ものの10分~20分くらいの間でいなくなります。

日中外出していたとしたら、被害のあるお宅はご自宅から羽蟻が出ているとう事実を知らないかもしれません。

夕方帰宅しても羽蟻が出たという痕跡がわからない場合、被害に気付かずまた一年過ごしてしまうケースもありうるという事です。

 

 

画像や動画からもわかるように被害があるお宅から出る羽蟻は想像を超えるかなりの数!

数百匹単位です。

そのレベルの死骸や、落とした羽が家の中で見つかった場合、ご自宅の被害を疑うべきです。

そして被害は市販の薬や専門家以外の処置では解決はほぼ不可能です。

理由を詳しく解説するのはとても長くなりますので、またの機会に致します。

(もしくは過去の記事に載せているものもございますのでそちらをご参考にしてくださいませ。)

 

 

数十匹レベルの羽蟻や落とした羽が見つかったものは、外部から羽蟻が侵入した場合があります。

つまり現在被害がないお宅に羽蟻が侵入した残骸という事です。

 

 

しかし更なる注意が必要!!

適切な予防工事などがされていないお宅に羽蟻がたどり着いて、オスとメスが巣作りを始めてしまうとご自宅が加害現場になります。

予防をしていて保証期間中であれば薬剤のバリア効果が継続しているので大丈夫です。

しかしそのバリア効果がないお宅には住みつかれてしまう危険性があります。

 

 

 

今被害があって羽蟻が出ているのか、それとも外から入ってきただけなのか・・・。

この事実を明確にするために、ぜひ地元の専門業者をご利用ください。

弊社は山口県内全域対応です。

検査、お見積りは無料です。

今どういう状況かを正しく判断するためにかかる費用は 無料 という事です。

 

被害を防ぐ予防や、被害を食い止める駆除工事をご契約いただいた場合のみ、その工事金額からご請求させていただきます。

不安だから弊社に相談するだけの場合は、一切費用がかかりません。

よろしければ山口県全域密着で白蟻工事に専念してきた弊社にご心配をお寄せください。

お問い合わせは日夜受け付けております。

夜間でも構いません。

お気軽にお電話、メールいただければ幸いです。

 

 

山口県内にて、5月に入ってから黒い羽蟻が大量発生したというお客様は

白蟻一筋39年の西日本防虫防除工事にお問い合わせください。

 

☎0835-23-8726

新型コロナウイルスに悩まされる中でもお客様の為にどうすべきか。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

 

いつもありがとうございます。

 

実際に施工やお客様宅を訪問させていただいております西日本防虫防除工事 代表防除士の中村でございます。

今世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスについて、我々山口県民も日々恐怖と不安の中に置かれている状況です。

この度の新型コロナウイルスに罹患されました皆様、関係者の方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

現在、弊社が在ります防府市においても陽性反応が出た方が確認され予断を許さない状態です。

しかしながら白蟻被害は見えない所で進んでおります。

これからの時期は特に白蟻活動の活性期に入りますので、なお一層の用心が必要です。

白蟻被害は進行する一方新型コロナウイルスの感染防止も考えるという中、弊社の基準をここで申し上げておきます。

 

感染の恐れがある場合は、既にご契約いただいている工事についても延期、もしくは一旦中止の判断を致します。

 

施工や訪問を担当している私自身が陽性反応がでた感染者である場合は、弊社より延期や中止の申し出を致します。

またお客様の立場で感染の疑いがあり心配だと思われる方も、その旨弊社にお伝えください。

ご相談内容に応じ、延期するなどの適切な判断をさせていただきたく思います。

確実に感染するのではないかという疑念を抱えながらのお客様との接触は、お互いの人生の為に避けるべきとの判断です。

活字での説明では不十分と存じておりますが、ご不明な点はご遠慮なくお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

白蟻被害は止まらない。その中でどうする。

ですが白蟻被害は明るみになります。

この時期心配されるのが、ヤマトシロアリ被害があるお宅から羽蟻が発生する時期が間近だという事です。

全身真っ黒で首元が黄色い羽蟻です。

 

その後梅雨時期にはイエシロアリの羽蟻が発生します。

 

そう、白蟻被害は世界の情勢に関わらず確実に進んでいます。

新型コロナウイルスの厳戒態勢の中、白蟻に対してのお問い合わせは昼夜問わず受け付けております。

 

感染リスクを減らす方法。

弊社担当はまず新型コロナウイルスに感染しない為に日常外出時のマスク着用、咳エチケットの徹底、業務用アルコールによる除菌をしております。

お伺いしたお客様に無駄なご心配を与えない為です。

会社からお客様宅に向かう直前に手指、その他必要か所へのアルコール消毒を行い出向きます。

また出向く際の車輌内にアルコールを常備しておりますので、緊急時に使用できます。

また個人事業である為、外部の人員を用いていないという点でも感染リスクが少ない利点があります。

携帯電話等を使用し、直接接触せずにお話をうかがうことも可能です。

感染リスクを避けるため、どうしたらよいかをお客様のご要望に応じて対応できるよう努める所存です。

信用していただけるのであれば、最悪お留守を預かり施工を完了し、内容を後ほどご報告させていただく事もできます。

ここまで言うのはなぜか。

 

白蟻被害は止まらないからです。

 

白蟻被害を食い止めつつ、お客様との接触を避けながら問題を解決するために弊社にできる事を瞬時に判断しながら応じてまいります。

再度申し上げますが、お互いに感染の疑いがある場合は延期・中止の判断を致します。

感染のリスクが確実なのに会ってくださいという判断は致しません。

 

心配解決のために会わずに施工できる手もあります。

 

相談しあって、この局面を乗り越えて参りましょう。

白蟻一筋の西日本防虫防除工事が、この局面でお客様の為にできる事を最大限に考えご提案させていただきます。

基本的に濃厚接触者が少ない個人事業である西日本防虫防除工事に、今のお悩みをお聞かせください。

お互いに頑張りましょう。

 

白蟻被害、皆様の命に対して全身全霊で行きます!!

西日本防虫防除工事にお任せください!!!

☎0835-23-8726

 

最近の動き。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

お陰様で多方面よりお問い合わせをいただき、新しい出会いに刺激を受けております。

今は桜がきれいですね。

先日ご契約いただいた山口市小郡金堀町のお客様宅近くに桜がきれいな場所がありました。

 

 

 

 

仕事の行き来でこんな素敵な景色を見る事ができてとても嬉しいです。

写真は4月3日です。

坂を下る時も登る時もそれぞれ違った見え方をしていて魅力的です。

 

数日後、美祢市秋芳町にてお仕事をさせていただきました。

仕事の合間に別府弁天池に立ち寄らせていただきました。

食事の為に行ったのですが、その景色がすばらしかったです。

観光でもたくさんの方がいらっしゃるという事ですが、納得の景観です。

 

 

 

こちらは鱒(マス)の釣り堀があるんですね。

釣ったマスは側にある弁天会館で調理していただけるようです。

混雑時は外にござを敷いて、調理一時間待ちは当たり前くらいの大人気スポットだそうです。

県外からのバスツアーでも賑わうとか。

ちなみに私は「ます定食」をいただきました。

新鮮なますのフライ、塩焼き、せごしが堪能でき、お味噌汁にも身が入っているいわばマスのフルコース。

仕事先の地のものをいただくというのも、地元山口県で働かせていただいている感謝のしるしです。

美祢市別府弁天池、お天気の日にぜひお立ち寄りください。

 

 

宇部市開のお客様からお問い合わせをいただき訪問させていただきました。

弊社にとってとても嬉しかった出来事があります。

お客様から「以前から弊社のことを知っていて、いつかやらなくてはならないと考えていた」というお言葉をいただきました。

これにはさすがに衝撃でした。

淡々と更新していたホームページですが、ご覧になられている方がいらっしゃったんだという事に素直に喜びを隠せませんでした。

他社様との競合ですが、弊社の力がお役に立てるよう尽力させていただく所存です。

 

 

そして山口市徳地岸見のお客様からお問い合わせをいただきました。

後日お伺いさせていただきます。

数社ほどお見積りをとられるとの事ですが、弊社も全力で検査およびお見積りをさせていただきます。

見積もり金額のばらつきが出ることは想像できますが、基準をもってきちんとしたご提案をさせていただきます。

 

弊社は防府市の業者ですが、立地的に山口県内全域に出張することが容易にできます。

多方面よりお問い合わせをいただき大変幸せに存じます。

白蟻専門業者として価値あるご提案、施工をさせていただけるよう頑張ってまいります。

 

山口県内の白蟻工事のご相談は、この道一筋39年の西日本防虫防除工事にお任せください!!

☎0835-23-8726

  • お気軽にお問い合わせください。日曜・祝日(夜間でも)受け付けています! 電話番号:0835-23-8726
  • メールでのお問い合わせ
  • facebook