社長のぼやき

一月ですがこの時期の白蟻は?|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

新年早々ご自宅のメンテナンスの為に白蟻予防工事をさせていただきました。

宇部市東岐波丸尾という地域で朝を迎えたのですが、昨日と違って穏やかな朝。

 

年を越したと思ったらすぐに日常がやってきます。

防府を出て秋穂・阿知須を経由して宇部に入りましたが、車の通りも多くすっかり慌ただしい日常に戻りました。

皆さん一生懸命仕事をしているお姿に私も刺激を受けて、頑張ろうと決意を新たにしました。

 

この時期の白蟻は??

皆さん白蟻は冬眠をしない生き物というのはご存知でしょうか。

よく訪問先で「他業者さんが白蟻は冬は冬眠していると言っていた」とお聞きします。

動きが鈍くて目立ちませんが冬眠はしていません。

土の中に身を潜めていたり、お風呂場などの比較的暖かい場所にいたりして寒さを凌いでいます。

地味な動きですが、活動はしているのです。

 

ここでちょっと深く考えてみましょう。

外は真冬で寒くても、家の構造が寒さの影響を受けにくい現代住宅の場合どうでしょう。

壁内や床に断熱材がたくさん使われている現代住宅の場合、外がどんなに寒くても家の中の温度は比較的快適に保たれます。

住む人にとって快適な条件という事は、白蟻にとっても活動しやすい条件であるという事です。

実際に被害があった住宅の検査で、

床に使われている断熱材の中にびっちり白蟻が存在していた現場があります。
壁に使われている断熱材の隙間から天井裏にまで加害されてしまった現場もあります。

 

このように冬眠しない白蟻にとって、寒さが凌ぎやすくなっている住宅は季節に関係なく活動できてしまっているのです。

 

ではどのように手を打つか。

残念ながら白蟻の被害からお住まいを守るためには、被害が出る前に予防をしておく以外に確実な方法はありません。

自分でできる白蟻駆除とか簡易的な方法とかが探せば出てくるかもしれませんが、実際専門業者から見た時には根本的な解決になっていないという判断になります。

下手に手を出すと、一時的に解決したように見えて、実はもっと根が深くなって手がつけづらくなってしまうのが実状です。

白蟻駆除は、白蟻の生態をよく知り、それに合わせて作られた薬剤を専門業者の技術でもって施工しないと解決はまず難しいでしょう。

極力安く手早く済ますには、白蟻被害が出る前の予防工事が最善の策です。

我が家は一体どれくらいの費用がかかるのだろう、と思われたお客様はどうぞ一度弊社の無料検査をご利用くださいませ。

検査・お見積りは無料で実施させていただいております。

 

これからも山口県内の皆様の生活が少しでもより良いものになりますようしっかり働かせていただければと思います。

白蟻一筋39年の西日本防虫防除工事をどうぞよろしくお願い致します。

最後までご覧いただきありがとうございます。

新年のご挨拶にて、予防工事のお話をいただきました。ありがとうございます。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

令和二年が始動し本日は保証期間が終了するお客様を中心にご挨拶まわりをさせていただきました。

防府市自由ヶ丘下右田宇部市東岐波中宇部小串台が中心となりました。

 

その中で思い出深いお客様宅が一件あります。

 

 

 

こちらのお客様は弊社がこのホームページからのお問い合わせを開始して、初めてお問い合わせをいただいたお客様です。

当時中古の住宅をご購入され、大切なお住まいの為に白蟻業者を探しておられた状況でした。

お問い合わせフォームより弊社へご連絡をいただき、後日検査とお見積りをさせていただきました。

内容をご確認いただき予防工事をさせていただきました。

 

 

 

早いものであれから5年が経過しようとしています。

この度も大切なお住まいを維持する為に再度予防工事をご契約いただきました。

 

 

 

どうしても家の工事に対しては相応の金額が発生しますが、こうしたお住まいに対してしっかり意識をされているお客様の為に恥じない仕事をする業者であり続ける必要があります。

弊社の金額設定はとにかく適正価格適正利益を志しております。(価格表はこちらからどうぞ)

どこにお金を払ったらいいのだろうと迷ってしまうくらい情報の多い世の中だからこそ、仕事の本質を守り抜ききちんとお客様からお代金を受け取れる業者であり続けたいものです。

創業39年の白蟻一筋の弊社だからこそ、皆様のお役に立てる事があると思います。

これからも見えない所、気付きにくいところに対して敏感に反応し、きちんとご提案できるよう日々精進してまいります。

今年も一生懸命頑張ります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

代表  中村順一

「タイトル」ねずみが白蟻をエイ!!

さて、新年早々白蟻工事屋さんのお仕事は。(自分の人生にも繋がるお話)|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

今年は土日が入る為世間のお休みはながいですね。

弊社の仕事始めは毎年4日からと決めております。

本日は明日の仕事始めに備えて行っておきたいところへご挨拶に。

 

防府を出て山陽小野田を経由、美祢を通過し長門へ行きました。

まだお正月三が日という事もあり道は空いていましたが旅行バスが来ていましたね。

山陽小野田は船木有帆というところへ行ってきました。

初詣のお客さんで賑わっていましたね。

 

厚狭駅方面を通りそのまままっすぐ北へ。

美祢市のど真ん中を通り長門市へ入ります。

長門市は仙崎へ。

以前取引先の工務店さまが施工した新築工事の白蟻予防を担当させていただいたお宅があります。

防府に戻る前に長門市仙崎で有名な「北長門」で食事をいただきました。

(完全な逆光・・・。)

こうして仕事を続けていて思うのですが、年々道に詳しくなります。

父の代から39年目になりますが、自分の中で確信している事があります。

それは一度通った道は必ず人生でまた使うという事です。

不意に道を間違えてしまった経験があります。

しかしその後忘れたころにその道を使って目的地、お客様宅に向かう事になるのです。

その時初めて「あの時道を間違えた事にも意味があった。新規のお客様宅に繋がる道だったんだ。」と気付かされます。

この事から得た教訓は、「自分が通ってきた道に間違いはない」という事です。

人生にも繋がることかな、ってちょっと臭いですかね(笑)

 

今年も始まりましたね。

一生懸命頑張ろう。

技術や経験も必要ですが、純粋さだけは忘れたくないなぁ。

久々にぼやいてみました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

皆さまにとって幸多い一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

今年も一年よろしくお願い申し上げます。

 

 

西日本防虫防除工事より皆様へ新年のご挨拶。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

 

 

いつもありがとうございます。

お陰様で弊社も今年で39年目をむかえます。

昨年もたくさんの方々とお会いでき、学びの多い1年でした。

中でも下関方面へ出向く事が増えたのは、弊社としても

新しい一歩を踏み出せた貴重な経験となりました。

皆様との出会いは私共にとって大きな宝物となります。

毎日を大切に、これからもがんばってまいります。

皆様にとって良い1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

             令和二年 元旦

 

      白蟻一筋39年!!

     西日本防虫防除工事

       中村順一・正美

10月突入。防府市内イエシロアリ元気に活動中でした。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

久々の社長のぼやき更新です。

皆様からお声掛けをいただき有難いことに忙しくさせていただいておりました。

令和になりいよいよ10月に突入しましたが、白蟻事情はどうでしょう。

 

10月の防府市内、イエシロアリが活発に活動しておりました。

本日検査させていただいた防府市松原町の住宅(鉄筋コンクリート造)にてイエシロアリ被害が発覚。

蟻道内を確認したところ元気な兵蟻が姿を現しております。

床下に立派な蟻道

床下木部全域に拡がっていました

床下の蟻土です

あちらこちらに蟻道があります

 

蟻道を一部壊してみると中からイエシロアリ兵蟻が現れました。

写真では一匹ですが、周辺に何匹もいます。

10月に入りましたが30度近いこの時期まだまだ白蟻は活発に活動しています。

 

今から寒くなると白蟻の活動が鈍くなり、家に被害がある事がわかりにくくなります。

つまり今被害に気付かないと次に気付くのは来年の暖かい時期という事になります。

その間白蟻被害が解決せず、むしろ悪化してしまう事が予想されます。

我が家は大丈夫かなと思われたお客様は早めの検査を。

被害がなければ取り越し苦労で済みますが、被害があれば早く手を打つことができます。

被害が深刻化する前のほうが断然費用も少なく済みます。

 

白蟻被害は見えない所から。

白蟻専門業者の検査でしか早期発見はできないと思います。

大切なお住まいのこれからに備えて、まだまだ白蟻対策をする時期です。

弊社でよろしければよろこんで点検にお伺い致します。

点検、検査にかかる費用は無料です。

お見積りも無料です。

実際に工事にかかってからは費用の精算をさせていただきますが、まずはお気軽に無料点検をご依頼くださいませ。

山口県内の白蟻に対してご心配を抱えていらっしゃる皆様の不安を取り除くべく、しっかりと働かせていただきます。

白蟻駆除・予防・点検は山口県防府市の西日本防虫防除工事にお任せください!

☎0835-23-8726

白蟻調査で床下検査をしてみて発覚した事。(白蟻被害以外のお話)|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

本日はちょっと視点を変えてみて白蟻被害以外の事に着目してみます。

お話の内容としては「白蟻調査をご依頼いただき床下の点検をしたところ、白蟻被害以外の問題を見つけた」というものです。

普段見ない場所を点検する白蟻業者ならではの体験事例をここでご紹介させていただきます。

先に結論から申しますとおおよそ床下の給排水設備の問題がほとんどです。

 

事例①アパート二階の方の生活排水も一緒に一階の床下に水が溜まっていた。

こちらは大家さんから宇部市のアパートの白蟻検査をいただいた時のお話です。

一階住人の方のご都合をお聞きし、各部屋を点検させていただいたところ、ある一室の床下を見てビックリ!!

なんと水浸し!!

床板をカットして確認したところ・・・

なんと床下が水浸し!?

原因は排水管の連結部の破損でした

 

白蟻点検をいただいた事によりわかった住宅の不具合。

床下が水浸しになっていた原因は、二階のお風呂場と共有している配管が破損しており流れてくる水が全て一階床下に流れ落ちているものでした。

白蟻の検査を・・・と思っていたお客様ですが、むしろ検査の結果この配管の故障を発見できたことが一番の収穫です。

後日弊社が手配した業者さんによりこの床下配管の修復が行われ今では問題なく生活されております。

↑ 配管修繕直後の様子。

ここから約一か月時間をおき、すっかり床下は乾いており白蟻工事を施工させていただきました。

 

事例②トイレの配管故障により正しく排水されていなかった。

こちらは防府市田島のお客様宅なのですが、白蟻工事の一環でトイレの下を見た時の事です。

なんと小便器が床下で排水管の故障により正しく排水されていない状況がわかりました。

つまり小便器に流れたものは全て床下に落ちていたという事です。

配管の結合部が外れています

永い間この状態だったというわけです

 

お客様にはこの状態をすぐお伝えし修繕が済むまでは小便器は使わない様お話させていただきました。

奥様のお話によると「小便器のお掃除の時に水を流すと隣の汲み取りの便器の方へ水が流れている音がしていたが、いつからかしなくなっていた」との事です。

日頃見ない所では予想だにしない事がおこっているのですね。

 

事例③台所排水管の故障でベタ基礎の床下が水たまりに。

こちらは山口市嘉川のお宅なのですが、築年数としては10年ちょっとくらいです。

初めて白蟻予防工事をしようかという事で点検のご依頼があり、台所の収納庫をあけてみてビックリ。

床下に水が溜まっていました。

台所排水管の接合部が外れています。

今まで台所で使った水のほとんどが床下に流れ出ていたという事になります。

ベタ基礎の住宅は近年主流ですが、水が溜まってしまうという唯一の難点がありますね。

施主様がすぐさま水を抜く工事を手配され大事には至らなかったそうです。

このまま水位があがっていくと床下の電気配線が漏電するなど生活に支障が出ていたかもしれません。

点検はとても大事ですね。

 

こんな感じで白蟻工事や検査などから見つかった住宅の不具合など、皆様の生活のお役にたてるようお伝えしてまいりたいと思います。

弊社は白蟻専門業者ですので、こういった修繕などは弊社が知っている工事業者をご紹介するかお客様が直接手配していただくようになります。

住宅のメンテナンスを考える時期に床下の検査もとても大切です。

白蟻業者が発見した白蟻被害以外の問題でした。

お客様からすると危機一髪。

見えないところにも一度目を向けてみるとよ良いかもしれませんね。

 

山口県内の白蟻被害の点検は

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

 

熊毛郡平生町尾国にて白蟻検査。上関の手前ですね。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

本日は朝からとても有難いお問い合わせ。

昨年施工させていただきました山口市陶のお客様から平生町尾国にあるご実家の検査依頼をいただきました。

検査の後に工事もお考えだそうです。

お知り合いやご家族さまのお宅のご紹介をいただけるという事は、この業界とても有難い事です。

中には業者を変えていかれるお客様もおられる中、リピートだけでなくご紹介をいただくなんて言葉にできないほどの感謝です。

平生町尾国という場所は今まで通ってはいましたが、上関の入口あたりになるのですね。

本日晴天という事もあり、感動的なほどきれいな海でした。

 

 

 

お昼頃お客様宅に到着すると、普段は岩国市にお住まいのご長男様もいらっしゃりご丁寧に対応してくださいました。

築30年以上経過しており、廊下がぶかぶかするという事で白蟻のご心配も前からされていたご様子です。

早速点検させていただきました。

 

点検の様子。

和室より床下へ

床がぶかぶかする廊下の下

各部屋の床下部

 

白蟻に関しては検査の結果被害はありませんでした。

築年数の割には比較的きれいな状態で保たれていました。

とても風通しが良い立地だということもお話くださり、納得です。

ご心配されていた廊下のぶかぶかは、床下から見ても特に白蟻被害あるわけでもなく、腐ってしまっているわけでもありません。

今回の廊下のぶかぶかは、30年以上に渡り床下の湿気を吸い続けた床板の劣化でした。

検査結果で白蟻被害ではないことを知ったお客様はひとまずご安心なさいましたが、今後の白蟻対策として予防工事をお考えです。

施工する住宅部分の面積を測らせていただき、後日お見積りをご提出させていただくお話となりました。

平生町上関付近は海際でもあり山も近く、弊社が知る限りでは白蟻被害も多い場所です。

事前の検査、被害がないうちの予防で住宅だけでなく生活も維持できます。

我が家は大丈夫かしらと少しでもご心配されているお宅は、よろしければ弊社の無料点検をご利用くださいませ。

結果をお伝えし、ご自宅に対して必要な処置をご提案させていただきます。

 

平生町や上関の白蟻駆除、検査やお見積りなら

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

防府市でイエシロアリ猛威!被害は意外なところにまで。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

6月に入り山口県内でもイエシロアリの被害報告が入ってきています。

被害のあるお宅にでる特徴としては赤茶色の羽蟻がでること。

主に雨上がりの翌日、晴れて蒸し蒸しした日の夕方から夜に大量発生します。

こんな羽蟻です。

 

イエシロアリの羽蟻が発生したお宅を検査させていただきました。

目線の上にある戸棚をあけると蟻土が。

蟻土からは元気なイエシロアリが出てきました。

この戸棚の奥がになっている事がわかりました。

ちなみにこちらの被害は床下から始まったものではなく、すぐ隣にあるベランダ部分からの雨漏りです。

雨漏りからのイエシロアリ被害はここ最近とてもよく見ます。

白蟻予防をしばらくしていないから我が家は白蟻大丈夫かしら・・・。という心配に

雨漏りがあるけと我が家は白蟻大丈夫かしら・・・。という心配を日々の生活に加えていただけると良いです。

雨漏りからの白蟻被害のケースは大変多い・・・、を通り越してほぼ確実にあり得るくらい敏感になっていただけたら幸いです。

 

他にもイエシロアリ羽蟻がでているお宅ではこんな様子がうかがえます。

廊下天井部分にまで被害

壁のクロスを食い破って蟻道が見える

天井裏にも蟻道が

 

イエシロアリ被害は本当に怖いですね。

自力で生活に必要な水分を運ぶ能力があるためどこまでも被害を拡大していくのが特徴です。

つまりイエシロアリ被害の場合、被害範囲を推測し正確に特定するのは非常に困難です。

むしろ考える範囲は無限大といっても過言ではありません。

現代の技術でイエシロアリ被害をしっかりと止めて安全に施工するための方法はいくつかあります。

住宅や生活を健全に保ったまま、確実に駆除と再発防止の予防を提案していきます。

白蟻工事は深読みする力が必要です。

白蟻業者をお探しの方は是非とも地元の専門業者にご依頼ください。

弊社ともご縁いただければ幸いです。

今後とも精いっぱい頑張ってまいります。

山口県内のイエシロアリ被害のご相談は

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

リフォーム中の白蟻工事でいろいろわかること。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

先日は取引先が浴室と脱衣所のリフォームをするのにあわせて白蟻工事に入らせていただきました。

タイル張りの昔ながらのお風呂を解体してユニットバスにするリフォームです。

 

リフォーム中には色々な事がわかります。

こちらのお宅では以前からあった古いタイルのお風呂の上に更にタイルを増し張りして一度リフォームをされていたことがわかりました。

上から解体していくうちに、下の方から古い一番最初のタイルが出てきたのです。

解体業者さんもこれには思わず悪戦苦闘されたと聞いています。

壁なども昔のタイル壁の上に新しいタイル壁を造っている構造で、全てが二重の構造になっていました。

普通白蟻工事ではタイルのお風呂では目地にコンクリートドリルで穴をあけます。

目的はタイルの下にある土壌部分に薬剤を高圧注入するためです。

このように土壌部分まで貫通させます。(別現場の写真)

そしてこのように薬剤注入し、最後には穴はモルタルで埋め戻します。

 

構造上床下に潜っての作業では直接処置できないこのような場所では専門的な施工を行います。

解体前の状態だと解体屋さんが手間取るくらいですから、タイル増し張りの工事の影響で土壌部分までの深さがかなりあったと推測されます。

一般的に使用する工具では思うように貫通できず適切な施工ができなかったかもしれません。

 

今回リフォーム中の解体時に壁や土壌がむき出しの状態で白蟻予防工事をさせていただきました。

白蟻予防工事で一番意味のある施工と言っても過言ではない土壌処理。

これがお風呂場全面に隅々までできるチャンスと言ったら解体後ユニットバスを入れる下地のコンクリートを敷く前です。

つまりこの状態。

 

白蟻が一番最初に顔をだす土壌面、登ってくる壁面むき出しの状態でしっかり白蟻防除薬剤を処置します。

 

 

 

この薬剤処置が完了した上にお風呂ができます。

お風呂が完了した後では手が出せないこの瞬間に白蟻予防工事ができるという奇跡。

大切なご自宅のリフォームの価値も白蟻工事があるとないとではグッと差がでます。

こちらのリフォームを担当されている取引先は隅々まで気を付けて弊社に必要なタイミングで手配されます。

こういうリフォーム業者様が増えると嬉しいですね。

いつも見えないところを施工させていただいいているこの業界ならではの着眼点かなとも思います。

 

日常の白蟻工事だけでは学べない事がリフォーム現場にはあります。

またそこで学んだ事が弊社の白蟻工事に活かされてお客様のお役にたてると思っています。

弊社は白蟻専門業者として先代から38年営業させていただいていますが、その間に培ってきた知識なども惜しみなく現場に活かしたいと思っています。

一般住宅やリフォーム工事をされるお客様は、白蟻工事にも一度目を向けていただければ幸いです。

専門的な白蟻工事業者をお探しの方は

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

新築後10年で住宅点検。白蟻予防工事にむけて。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

4月頃から山口県内でも白蟻被害のお問い合わせが続いております。

お陰様でヤマトシロアリの羽蟻が出た事で被害が判明したお客様宅は6月初旬までお時間をいただき施工させていただきました。

今はイエシロアリの羽蟻がチラチラ出てますね。

業者の感触としてはまだ本格的ではないような気がしますが、少なからずとも被害があるお宅では何かしら変化があると思います。

 

本日は防府市江泊にて新築後10年が経過するお宅の検査をさせていただきました。

住宅メーカーさんがよく新築後10年の保証をかけられますが、白蟻防除工事に用いる薬剤の効果が期待できるのは5年程です。

大体10年を過ぎたあたりから住宅のメンテナンスを本格的に考えだすのが一般的。

この頃から白蟻に対しても再度予防工事をお考えいただけると良いかと思います。

既に新築時の薬剤の効果は期待ができませんので白蟻予防への投資は大変価値が高いですよ(^^)

 

検査の様子。

お風呂下の点検

台所など水回りの点検

その他床下全体の点検

 

検査の結果、住宅に影響のある不具合などは確認されず白蟻被害もありませんでした。

地域的に白蟻被害の多いところですので、この時点で白蟻予防工事をされる事はとても良い事です。

住宅を持つからには白蟻の事は無視できないのが実状。

定期的な予防工事で変わらない日常をおくっていただけることが白蟻業者としての願いでもあります。

今後ともよろしくお願い致します。

 

築10年以上で未だ白蟻点検や予防工事をされていないお客様は

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

  • お気軽にお問い合わせください。日曜・祝日(夜間でも)受け付けています! 電話番号:0835-23-8726
  • メールでのお問い合わせ
  • facebook