社長のぼやき

白蟻調査で床下検査をしてみて発覚した事。(白蟻被害以外のお話)|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

本日はちょっと視点を変えてみて白蟻被害以外の事に着目してみます。

お話の内容としては「白蟻調査をご依頼いただき床下の点検をしたところ、白蟻被害以外の問題を見つけた」というものです。

普段見ない場所を点検する白蟻業者ならではの体験事例をここでご紹介させていただきます。

先に結論から申しますとおおよそ床下の給排水設備の問題がほとんどです。

 

事例①アパート二階の方の生活排水も一緒に一階の床下に水が溜まっていた。

こちらは大家さんから宇部市のアパートの白蟻検査をいただいた時のお話です。

一階住人の方のご都合をお聞きし、各部屋を点検させていただいたところ、ある一室の床下を見てビックリ!!

なんと水浸し!!

床板をカットして確認したところ・・・

なんと床下が水浸し!?

原因は排水管の連結部の破損でした

 

白蟻点検をいただいた事によりわかった住宅の不具合。

床下が水浸しになっていた原因は、二階のお風呂場と共有している配管が破損しており流れてくる水が全て一階床下に流れ落ちているものでした。

白蟻の検査を・・・と思っていたお客様ですが、むしろ検査の結果この配管の故障を発見できたことが一番の収穫です。

後日弊社が手配した業者さんによりこの床下配管の修復が行われ今では問題なく生活されております。

↑ 配管修繕直後の様子。

ここから約一か月時間をおき、すっかり床下は乾いており白蟻工事を施工させていただきました。

 

事例②トイレの配管故障により正しく排水されていなかった。

こちらは防府市田島のお客様宅なのですが、白蟻工事の一環でトイレの下を見た時の事です。

なんと小便器が床下で排水管の故障により正しく排水されていない状況がわかりました。

つまり小便器に流れたものは全て床下に落ちていたという事です。

配管の結合部が外れています

永い間この状態だったというわけです

 

お客様にはこの状態をすぐお伝えし修繕が済むまでは小便器は使わない様お話させていただきました。

奥様のお話によると「小便器のお掃除の時に水を流すと隣の汲み取りの便器の方へ水が流れている音がしていたが、いつからかしなくなっていた」との事です。

日頃見ない所では予想だにしない事がおこっているのですね。

 

事例③台所排水管の故障でベタ基礎の床下が水たまりに。

こちらは山口市嘉川のお宅なのですが、築年数としては10年ちょっとくらいです。

初めて白蟻予防工事をしようかという事で点検のご依頼があり、台所の収納庫をあけてみてビックリ。

床下に水が溜まっていました。

台所排水管の接合部が外れています。

今まで台所で使った水のほとんどが床下に流れ出ていたという事になります。

ベタ基礎の住宅は近年主流ですが、水が溜まってしまうという唯一の難点がありますね。

施主様がすぐさま水を抜く工事を手配され大事には至らなかったそうです。

このまま水位があがっていくと床下の電気配線が漏電するなど生活に支障が出ていたかもしれません。

点検はとても大事ですね。

 

こんな感じで白蟻工事や検査などから見つかった住宅の不具合など、皆様の生活のお役にたてるようお伝えしてまいりたいと思います。

弊社は白蟻専門業者ですので、こういった修繕などは弊社が知っている工事業者をご紹介するかお客様が直接手配していただくようになります。

住宅のメンテナンスを考える時期に床下の検査もとても大切です。

白蟻業者が発見した白蟻被害以外の問題でした。

お客様からすると危機一髪。

見えないところにも一度目を向けてみるとよ良いかもしれませんね。

 

山口県内の白蟻被害の点検は

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

 

熊毛郡平生町尾国にて白蟻検査。上関の手前ですね。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

本日は朝からとても有難いお問い合わせ。

昨年施工させていただきました山口市陶のお客様から平生町尾国にあるご実家の検査依頼をいただきました。

検査の後に工事もお考えだそうです。

お知り合いやご家族さまのお宅のご紹介をいただけるという事は、この業界とても有難い事です。

中には業者を変えていかれるお客様もおられる中、リピートだけでなくご紹介をいただくなんて言葉にできないほどの感謝です。

平生町尾国という場所は今まで通ってはいましたが、上関の入口あたりになるのですね。

本日晴天という事もあり、感動的なほどきれいな海でした。

 

 

 

お昼頃お客様宅に到着すると、普段は岩国市にお住まいのご長男様もいらっしゃりご丁寧に対応してくださいました。

築30年以上経過しており、廊下がぶかぶかするという事で白蟻のご心配も前からされていたご様子です。

早速点検させていただきました。

 

点検の様子。

和室より床下へ

床がぶかぶかする廊下の下

各部屋の床下部

 

白蟻に関しては検査の結果被害はありませんでした。

築年数の割には比較的きれいな状態で保たれていました。

とても風通しが良い立地だということもお話くださり、納得です。

ご心配されていた廊下のぶかぶかは、床下から見ても特に白蟻被害あるわけでもなく、腐ってしまっているわけでもありません。

今回の廊下のぶかぶかは、30年以上に渡り床下の湿気を吸い続けた床板の劣化でした。

検査結果で白蟻被害ではないことを知ったお客様はひとまずご安心なさいましたが、今後の白蟻対策として予防工事をお考えです。

施工する住宅部分の面積を測らせていただき、後日お見積りをご提出させていただくお話となりました。

平生町上関付近は海際でもあり山も近く、弊社が知る限りでは白蟻被害も多い場所です。

事前の検査、被害がないうちの予防で住宅だけでなく生活も維持できます。

我が家は大丈夫かしらと少しでもご心配されているお宅は、よろしければ弊社の無料点検をご利用くださいませ。

結果をお伝えし、ご自宅に対して必要な処置をご提案させていただきます。

 

平生町や上関の白蟻駆除、検査やお見積りなら

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

防府市でイエシロアリ猛威!被害は意外なところにまで。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

6月に入り山口県内でもイエシロアリの被害報告が入ってきています。

被害のあるお宅にでる特徴としては赤茶色の羽蟻がでること。

主に雨上がりの翌日、晴れて蒸し蒸しした日の夕方から夜に大量発生します。

こんな羽蟻です。

 

イエシロアリの羽蟻が発生したお宅を検査させていただきました。

目線の上にある戸棚をあけると蟻土が。

蟻土からは元気なイエシロアリが出てきました。

この戸棚の奥がになっている事がわかりました。

ちなみにこちらの被害は床下から始まったものではなく、すぐ隣にあるベランダ部分からの雨漏りです。

雨漏りからのイエシロアリ被害はここ最近とてもよく見ます。

白蟻予防をしばらくしていないから我が家は白蟻大丈夫かしら・・・。という心配に

雨漏りがあるけと我が家は白蟻大丈夫かしら・・・。という心配を日々の生活に加えていただけると良いです。

雨漏りからの白蟻被害のケースは大変多い・・・、を通り越してほぼ確実にあり得るくらい敏感になっていただけたら幸いです。

 

他にもイエシロアリ羽蟻がでているお宅ではこんな様子がうかがえます。

廊下天井部分にまで被害

壁のクロスを食い破って蟻道が見える

天井裏にも蟻道が

 

イエシロアリ被害は本当に怖いですね。

自力で生活に必要な水分を運ぶ能力があるためどこまでも被害を拡大していくのが特徴です。

つまりイエシロアリ被害の場合、被害範囲を推測し正確に特定するのは非常に困難です。

むしろ考える範囲は無限大といっても過言ではありません。

現代の技術でイエシロアリ被害をしっかりと止めて安全に施工するための方法はいくつかあります。

住宅や生活を健全に保ったまま、確実に駆除と再発防止の予防を提案していきます。

白蟻工事は深読みする力が必要です。

白蟻業者をお探しの方は是非とも地元の専門業者にご依頼ください。

弊社ともご縁いただければ幸いです。

今後とも精いっぱい頑張ってまいります。

山口県内のイエシロアリ被害のご相談は

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

リフォーム中の白蟻工事でいろいろわかること。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

先日は取引先が浴室と脱衣所のリフォームをするのにあわせて白蟻工事に入らせていただきました。

タイル張りの昔ながらのお風呂を解体してユニットバスにするリフォームです。

 

リフォーム中には色々な事がわかります。

こちらのお宅では以前からあった古いタイルのお風呂の上に更にタイルを増し張りして一度リフォームをされていたことがわかりました。

上から解体していくうちに、下の方から古い一番最初のタイルが出てきたのです。

解体業者さんもこれには思わず悪戦苦闘されたと聞いています。

壁なども昔のタイル壁の上に新しいタイル壁を造っている構造で、全てが二重の構造になっていました。

普通白蟻工事ではタイルのお風呂では目地にコンクリートドリルで穴をあけます。

目的はタイルの下にある土壌部分に薬剤を高圧注入するためです。

このように土壌部分まで貫通させます。(別現場の写真)

そしてこのように薬剤注入し、最後には穴はモルタルで埋め戻します。

 

構造上床下に潜っての作業では直接処置できないこのような場所では専門的な施工を行います。

解体前の状態だと解体屋さんが手間取るくらいですから、タイル増し張りの工事の影響で土壌部分までの深さがかなりあったと推測されます。

一般的に使用する工具では思うように貫通できず適切な施工ができなかったかもしれません。

 

今回リフォーム中の解体時に壁や土壌がむき出しの状態で白蟻予防工事をさせていただきました。

白蟻予防工事で一番意味のある施工と言っても過言ではない土壌処理。

これがお風呂場全面に隅々までできるチャンスと言ったら解体後ユニットバスを入れる下地のコンクリートを敷く前です。

つまりこの状態。

 

白蟻が一番最初に顔をだす土壌面、登ってくる壁面むき出しの状態でしっかり白蟻防除薬剤を処置します。

 

 

 

この薬剤処置が完了した上にお風呂ができます。

お風呂が完了した後では手が出せないこの瞬間に白蟻予防工事ができるという奇跡。

大切なご自宅のリフォームの価値も白蟻工事があるとないとではグッと差がでます。

こちらのリフォームを担当されている取引先は隅々まで気を付けて弊社に必要なタイミングで手配されます。

こういうリフォーム業者様が増えると嬉しいですね。

いつも見えないところを施工させていただいいているこの業界ならではの着眼点かなとも思います。

 

日常の白蟻工事だけでは学べない事がリフォーム現場にはあります。

またそこで学んだ事が弊社の白蟻工事に活かされてお客様のお役にたてると思っています。

弊社は白蟻専門業者として先代から38年営業させていただいていますが、その間に培ってきた知識なども惜しみなく現場に活かしたいと思っています。

一般住宅やリフォーム工事をされるお客様は、白蟻工事にも一度目を向けていただければ幸いです。

専門的な白蟻工事業者をお探しの方は

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

新築後10年で住宅点検。白蟻予防工事にむけて。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

4月頃から山口県内でも白蟻被害のお問い合わせが続いております。

お陰様でヤマトシロアリの羽蟻が出た事で被害が判明したお客様宅は6月初旬までお時間をいただき施工させていただきました。

今はイエシロアリの羽蟻がチラチラ出てますね。

業者の感触としてはまだ本格的ではないような気がしますが、少なからずとも被害があるお宅では何かしら変化があると思います。

 

本日は防府市江泊にて新築後10年が経過するお宅の検査をさせていただきました。

住宅メーカーさんがよく新築後10年の保証をかけられますが、白蟻防除工事に用いる薬剤の効果が期待できるのは5年程です。

大体10年を過ぎたあたりから住宅のメンテナンスを本格的に考えだすのが一般的。

この頃から白蟻に対しても再度予防工事をお考えいただけると良いかと思います。

既に新築時の薬剤の効果は期待ができませんので白蟻予防への投資は大変価値が高いですよ(^^)

 

検査の様子。

お風呂下の点検

台所など水回りの点検

その他床下全体の点検

 

検査の結果、住宅に影響のある不具合などは確認されず白蟻被害もありませんでした。

地域的に白蟻被害の多いところですので、この時点で白蟻予防工事をされる事はとても良い事です。

住宅を持つからには白蟻の事は無視できないのが実状。

定期的な予防工事で変わらない日常をおくっていただけることが白蟻業者としての願いでもあります。

今後ともよろしくお願い致します。

 

築10年以上で未だ白蟻点検や予防工事をされていないお客様は

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

山口県内でイエシロアリの羽蟻が出ています。お問い合わせが続きました。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

昨日あたりからどうも山口県内でもイエシロアリの羽蟻が発生しているようです。

地域によっては多少前後しているかもしれませんが、この時期山口県内の羽蟻発生タイミングとしてはドンピシャリ!

本日は過去に施工させていただいたお客様より「室内で羽蟻が見つかった」とのご連絡を受け確認に参りました。

いずれも外部から入り込んだものだという事がわかり、お客様も弊社も安心したところです。

しかしこの羽蟻がもし大切な家屋から発生したものだとしたら・・・。

それはご自宅がイエシロアリの被害にあっているというサインです。

イエシロアリの羽蟻が飛び回るとしたらこの時期の夕方から夜間にかけて。

特徴としたらあかりに集まります。

イエシロアリ被害があるお住まいから羽蟻が発生した場合のあくる日はこんな感じです。

玄関タイル付近に無数の羽

廊下に死骸がたくさん

 

イエシロアリの羽蟻はこの時期巣立ちをします。

その巣だった白蟻が家から出たのか外から舞い込んだのかを調べる事が大切です。

上記のような様子がご自宅にありましたら被害を疑う必要がありますので、よろしければ弊社に一度ご連絡ください。

お役に立てるよう精いっぱい頑張ります。

白蟻の羽蟻かなと思ったら

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

 

リフォーム中に白蟻工事をされていますか?後になると手が出せないのでリフォーム中に。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

皆様はリフォーム中に白蟻工事をされていますでしょうか?

今回は弊社が対応させていただいているリフォーム中現場をもとにご紹介させていただきます。

 

トイレのリフォームと白蟻予防。

こちらは防府市植松のトイレリフォーム中現場です。

この度排水管から水が漏れていて床下に水が落ちている事がわかり、きちんと全体を改修することにしたこちらの現場。

以前弊社にて白蟻予防工事をさせていただいておりますが、給排水設備の取り換えなどで処理した土壌が掘り起こされています。

給排水の位置を決めた後に再び土壌処理、また大工さんが床の地組をしてくださった後に未処理の木部に吹付予防をさせていただきました。

 

 

ポイント

普段は見えない柱やリフォームで新しく用いられる材料にまんべんなく予防できるワンチャンス!!

 

 

お風呂のリフォームと白蟻予防。

こちらは防府市八王子のお風呂リフォーム中の現場です。

お風呂の解体の後にユニットバスが入るところにコンクリートを敷きます。

このコンクリートを入れる前が大事な白蟻予防のタイミング。

普段見えない土壌や基礎がむき出し

お風呂が完成すると手が出せない部分に処置

 

ポイント

白蟻は基本土の中から出てきます。

土間が打たれた後だと白蟻が潜むこの土壌に直接処理ができない。

リフォーム中一度しかない予防のチャンス!

 

 

リフォーム中には白蟻工事を施す絶妙なチャンスがあります。

しかしながらほとんどのリフォーム工事現場ではこのタイミングでの処置がなされず、工事が進んでいるところが多いと感じています。

つまり綺麗に完成したリフォーム後の場所には、白蟻の対策がなされておらず被害に合う可能性が非常に高いままのところもあるという事です。

リフォーム施工業者さまやあまり時間をかけたくない施主様にとってはご面倒なお話かもしれませんが、このひと手間がリフォーム中に加わるだけで後の安心感が違います。

リフォーム業者選びも白蟻対策まできちんと考えている業者さまを選ぶと良いでしょう。

弊社が取引している業者様は、形だけの完成だけでなく見えない所の仕事までしっかり提案されていますので、弊社としても安心してご紹介できます。

なんでもやればいいと言うわけではありませんが、リフォーム中の白蟻工事は相当な価値があります!

意味あっての白蟻工事。

しっかりご提案して皆様のお役にたてる業者であり続けれるよう頑張ります。

リフォームと白蟻工事の関係性に関してお悩みや疑問があるかたは

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

夜、あかりに集まる羽蟻大量発生!赤茶色の羽蟻!正体はイエシロアリ!!|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

本日は防府市松崎町のお客様宅にてイエシロアリ駆除工事の第一期工事をさせていただきました。

被害部にいるイエシロアリ達に直接駆除成分を吹き付け、時間をおいて全体が死滅するのを待つための工事です。

二階の押し入れにまで被害が及んでいたこちらの現場。

早速二階押し入れの被害柱にドリルで穴をあけてみます。

ガリガリガリ・・・。すると・・・。

すぐに兵蟻(兵隊アリ)が飛び出してきました。

この被害部は今現在白蟻の活動がある場所です。

それがわかったらこっちのもん。

 

伝播性が高く駆除成分が含まれている粉剤を穴の中にバフバフッと。

 

頭に乳白色の液をだして外敵への闘争本能丸出しですが、粉剤も体にまとわりつけています。

 

 

この薬剤を浴びた白蟻が穴の中に戻ることを確認した後に穴を木栓で閉じました。

 

そしてこの二階被害部の真下にあたる玄関の土間付近を調査していると不自然な土の道を見つけました。

中を暴いてみるとやはりいた!!

土の下からも出てきたこの道の中に同じように薬剤処置。

玄関付近壁に小さな穴をあけてしばらく待っていると・・・

被害部付近の壁に小さな穴をあけて待ってると

何事か!?と出てきた兵隊アリ

 

当然この穴の中にも薬剤処置。

 

気が付くところ全てに薬剤処置をさせていただき、これからしばらく時間をおきます。

時間の経過と共に白蟻たちは仲間たちに薬剤効果をうつしあって知らず知らずのうちに絶滅します。

約一か月後に最終工事をさせていただく予定ですすめております。

 

山口県防府市付近の皆様にむけてお伝えしたいこと。

本日こちらの現場の蟻道(白蟻の道)を一部壊して中を見たところ、羽蟻がいました。

赤茶色のイエシロアリの羽蟻です。

この時期イエシロアリの羽蟻が被害部から飛びたつ時期ですので、もし見かけたら夜でも構いませんので弊社にご連絡ください。

この道一筋の弊社がお客様のお困りごとに一生懸命関わらせていただきたいと存じます。

羽蟻大量発生、白蟻のご相談なら

まずは、西日本防虫防除工事にご相談ください!!

☎0835-23-8726

夜明かりに集まる赤茶色の羽蟻。イエシロアリ被害のお知らせです。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

昨日検査させていただきましたのは防府市松崎町のお宅です。

防府市大崎にお住まいのご親戚の方が父の代からずっとお世話になっているお客様です。

そのご親戚からお電話がありました。

「松崎の甥っ子の家から連絡があった。天井から粉が落ちてきて虫が出てくると言っていた。」

との事です。

立地とお話の様子からまさかと思いましたが、予感的中。

イエシロアリでした。

階段から見える壁面に蟻道が

玄関天井の蟻道

 

この被害の様子から被害をどう推測するか。

被害のあるお住まいはずいぶん前に建てられたお宅。

壁紙などが新しくなっているリフォーム部分の被害。

過去に雨漏りがあった。

床下からの被害であれば玄関の框や床部分が加害されているはずだが比較的きれい。

被害はうえから!!

 

早速二階にあがり被害部の上に位置するお部屋の検査をさせていただきました。

二階の普段使われていない押し入れのドアをあけてみると、いました!

押し入れの角に不自然な土の道

敷居の上を動いているイエシロアリ

 

この押し入れの上はまさに雨漏りがあった場所。

 

押し入れの中をチェック。

押し入れの布団をのけると・・・

蟻害のあとが

 

 

白蟻は床下からという印象が強いですが、雨漏りが続くとほぼ白蟻被害に繋がるといっても過言ではありません。

雨漏り補修から年数が経過しているので、今現在雨漏りがないか気になるところですが今は白蟻を完全に駆除してしまう事に専念致します。

本日施工内容のご説明とお見積り書を提出させていただき、ご契約となりました。

駆除の方法は、まずイエシロアリの習性を利用し薬剤効果が隅々まで伝わる粉剤を使用して時間をおきます。

被害個所にいるイエシロアリに駆除成分が入っている粉剤を直接当てます。

この時期活動が活発なイエシロアリは薬剤効果を仲間に次々にうつし、徐々に全体が死滅します。

全体が駆除された事を確認した後に、最終的に液剤で被害部の注入処理や全体の吹付処理を行い終了という流れです。

この間におよそ一か月ほどいただきますが、複雑な構造の住宅でも安全に駆除する事ができるとても優れた工法です。

解決にむかい、一生懸命関わらせていただきます。

 

この時期夕方から夜にかけて赤茶色の羽蟻が発生した場合、イエシロアリの被害を疑う必要があります。

こんな羽蟻です。

 

この虫に似てる・・・、と思われたらまずはご相談ください。

外部から入り込んだだけというケースもありますが被害も疑わなければならないので適切な検査が必要です。

皆様の生活が健全で安心しておくれますよう、お手伝いさせていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

 

西日本防虫防除工事

☎0835-23-8726

ヤマトシロアリの羽蟻が各地で出ています。令和元年最初のお問い合わせ。|山口県防府市の西日本防虫防除工事

いつもありがとうございます。

新元号「令和」

皆様いかがお過ごしでしょうか。

弊社もお陰様で元気に仕事させていただいております。

改めまして今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

4月末頃から山口県内でもヤマトシロアリの羽蟻が飛び立っています。

雨上がりの本日。

今日は出るだろうなぁと思っていたらやはり出ました。

防府市桑南にて施工をしておりましたが外をヤマトシロアリの羽蟻がうろうろしていました。

どこからか飛び出して羽を落としたヤマトシロアリの羽蟻です。

 

そしてお昼頃山口市宮野から弊社にお問い合わせいただきました。

まさに家から羽蟻が出ているとの事。

防府市の現場の後山口市宮野に急行。

被害部はお風呂場付近でした。

浴室入り口の枠の被害

羽蟻がうろうろ

 

(画像はクリックで拡大できます)

 

既に掃除をされていましたが本日昼頃出たであろう形跡が残っていました。

検査の後、駆除及び全体の予防をさせていただく事になりました。

令和最初の検査、お見積りでした。

被害ですので記念すべきとはとても言えませんが、工事させていただく側としては新たな気持ちでこれまで以上に取り組ませていただきたいという想いです。

数日お時間をいただき解決にむけて尽力させていただきます。

この時期の黒い羽蟻はヤマトシロアリ被害の疑いがあります。

白蟻駆除業者をお探しの方はどうぞお気軽に弊社にお問い合わせくださいませ。

よろしくお願い致します。

☎0835-23-8726

  • お気軽にお問い合わせください。日曜・祝日(夜間でも)受け付けています! 電話番号:0835-23-8726
  • メールでのお問い合わせ
  • facebook